FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

L'Arc~en~Ciel「浸食~lose control~」


(※動画は非公式です。予告なく削除される可能性あります)
 7月8日、特に1998年となると90's J-POPファンには外せない日ですね。「HONEY」「花葬」「浸食~lose control~」、L'Arc~en~Cielシングル3枚同時リリース。これと同じ日にB'zが「HOME」を出すものですから、オリコンウォッチャーは大騒ぎ。いや普段チャートを気にしない音楽ファンも、この時ばかりは気になったのではないかと思います。結果はB'zがギリギリ1位死守、ただ次の週では「HONEY」が首位獲得していました。最終的には3枚ともこれまでにないCDセールスを記録。「winter fall」「DIVE TO BLUE」で既に勢いに乗っていたラルクが名実ともにトップアーティストになった瞬間でした。
 3枚とも大ヒットした理由は話題性も勿論ですが、それぞれの楽曲の良さとバリエーションにも理由があります。「HONEY」は前シングル2作同様のポップ路線、「花葬」はダークな雰囲気のバラード、「浸食~lose control~」は売れ線から最も遠いと言えるハードロック。今回その中で「浸食~lose control~」を選曲した理由は、個人の問題ですが3曲の中で一番好きであるという理由。映画『GODZILLA』でこの曲が少しだけ使われ、その公開より前にも春のMステSPで演奏されていました。テレビで初めて聴いた時は、あまりの凄さに衝撃を受けた記憶があります。多くの名曲が存在するラルクですが、この曲ほどただならぬ雰囲気を出す曲は他にありません。ドロドロであることにかえって美しさも感じられる、まさしく稀有な楽曲と言えるのではないでしょうか。
スポンサーサイト

tag : 1998年 L'Arc~en~Ciel ロックバンド 映画挿入歌

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。