スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソルティー・シュガー「走れコウタロー」


(※動画は非公式です。予告なく削除される可能性あります)
 7月5日発売の名曲、今回は1970年発表のソルティー・シュガー「走れコウタロー」。今でも運動会の徒競走で時折使われるという、ソルティー・シュガー最大のヒット曲。
 競馬をモチーフにしたこの曲は、元々遅刻ばかりしていたメンバー・山本コータロー(G)をネタにした楽曲。憶えやすいメロディーもさることながら、途中当時の都知事・美濃部亮吉の声色を経て実況に入る間奏が大変特徴的。競馬を含む公営ギャンブル廃止に取り組んでいた彼に対する皮肉、興奮しすぎて蛍の光の歌詞になってしまう実況などパロディー満載。口コミをキッカケに最終的に大ヒットに至りました。発売直前にメンバーであり、この曲を作詞した池田謙吉が21歳で急死するという大きな試練を乗り越えてのヒットでもあります。
 ちなみにこの曲のメロディーは、1996年にアニメ『みどりのマキバオー』OPテーマ「走れマキバオー」として流用(歌詞は一部改変)。アラサー世代にとっては、むしろそちらの方が馴染みあるかもしれません。
スポンサーサイト

tag : 1970年 フォークソング ソルティー・シュガー

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。