FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三木聖子「まちぶせ」


 6月25日リリースの名曲、今回は「まちぶせ」。荒井由実(現・松任谷由実)の作詞作曲、有名なのは1981年発売の石川ひとみVer.だと思いますが、元祖は1976年の三木聖子。三木さんに関して言うと、前年にドラマ『悪魔のようなあいつ』で芸能界デビューして歌手としてはこの曲が1作目。オリコンの記録は最高47位・約7万枚。ただランクインしたのが発売当時なのか、石川ひとみが歌って大ヒットした1981年当時なのかはもう少し検証が必要ですが…。
 ちなみに彼女は翌年早くも芸能界引退、その次の年に「右向け右」でデビューしたのが石川ひとみでした。彼女の方は『プリンプリン物語』で既に名は知られていたものの、歌手としてはこれがようやく初の大ヒット。紅白歌合戦にも初出場、涙のステージを飾ります。後にはユーミンも1996年にあらためて荒井由実としてセルフカバー。その後は徳永英明やJUJUなど、ほとんどがアルバム収録としての形ですが長く多くの歌手に歌い継がれています。
 楽曲は実体験かどうかは別として、そう聴こえるほどの説得力を持った歌詞。かわいい女の子が歌うから微笑ましく聴こえますが、歌う人によっては完全にストーカーそのものとなる楽曲です。良質なメロディーとも相まって、すごく記憶に残りやすいナンバー。J-POP時代になってから完全に聴けなくなった香りもあって、より昭和を感じさせる昭和の曲という印象があるのは私だけでしょうか。
 
スポンサーサイト

tag : 1976年 女性アイドル 三木聖子 デビュー曲

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。