スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Negicco「アイドルばかり聴かないで」


 ここ数年すっかり身も心もNegiccoファンに染まりきっている私ですが、振り返ると原点はやはりこの曲。5月29日リリースの名曲は「アイドルばかり聴かないで」。2013年なのでもう3年前、月日が経つのは早いものです。もっともNegiccoの歴史はこの時点で既にデビュー10周年という長さだったのですが…。
 初めて行ったTOKYO IDOL FESTIVALでこの曲を聴いた時は思わず面食らったものです。アイドルばかりのイベントでこんな曲を歌うものかと。当時のNegicco、既に通のファンには知られている存在だったかと思いますが今と比べてまだまだ知名度の低い段階、私も名前くらいは聴いたことあるかなという程度でした。印象に残ったのはこの曲と次の「ネガティヴ・ガールズ」でアイドルとは思えない歌詞を歌う人たちだということ、「圧倒的なスタイル」でラインダンスの際どうすればいいのかサッパリ分からなかったこと、MCを聴く限り3人とも天然っぽい感じがしたことでしょうか。確かに他のアイドルと比べたら印象に残る内容でしたが、今のように彼女たちのファンになることは想像できませんでした。
 この曲はPIZZICATO FIVEの小西康陽プロデュース。ですのでサウンドが大変にオシャレです。このセンスの良さは初聴の段階でも十二分に感じました。そんな中で繰り広げられる”アイドルばかり見ていないで私を見て”という歌詞。アイドルを応援するデメリットを立て続けに連発するフレーズはやはりちょっとシュール、でも”ざんね~ん”に代表される全体的な雰囲気は、やはり他のアイドルには出せないNegiccoの魅力だとあらためて感じるところです。何よりこれだけアイドルばかり見ていないでと言いながら、ラストは”そんなにアイドルが好きなら じゃあNegiccoにしてね”というオチ。これだけ美しく締める歌詞はそうそうないと思います。
 NHKホールで収録されたMJで、昨年10年ぶりに出演した際にもこの曲が歌われていました。Negiccoの原点、とまでは言いませんが初めて彼女たちを聴く人にとってこれだけ入りやすい曲もないと思います。結果的に私もそうでした。というわけでNegiccoをまだ知らない方にも、まずはあらためて聴いて欲しい一曲です。あとは気がつけば彼女たちの楽曲と人柄の良さにどんどんハマる展開になるはずなので…。
スポンサーサイト

tag : 2013年 女性アイドル Negicco 3人組

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。