FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE YELLOW MONKEY「JAM」


 今年はうるう年。4年に1回の2月29日が訪れる年です。誕生日でいうと赤川次郎に飯島直子、辻村深月に吉岡聖恵。探してもなかなかいるものではありません。こんな日にリリースされた曲自体なかなかないと思いきや、ひとつ思いっきり名曲が混じっていました。1996年発表、THE YELLOW MONKEYの「JAM」です。
 リアルタイムで初めてイエモンの曲・PVをしっかり見たのがこの曲。ちょうどスペシャを見始めて、個人的には毎週発表されるランキングのデータを取り始めた時期ですね。見始めた当時で最初に1位だったのがスピッツ「空も飛べるはず」、この曲は確かその次の1位獲得曲だったように記憶しています。初めて見た時は衝撃でしたね。イチゴジャムを血に見立てたホラーのようなPVと吉井さんのメイク、それに負けずとも劣らない迫力の声と演奏。歌詞も凄かったです。特に”外国に飛行機が落ちました…”のくだりはニュース番組に対する揶揄も込められていて、思わず同意したものでした。ただ吉井さんはその直後の”こんな夜は会いたくて…”と続く締めくくりの歌詞をより重要視しているようです。
 その衝撃的な歌詞ゆえに、CDシングルとしての発売は上層部に反対されたそうです。前年ブレイクした曲が「追憶のマーメイド」「太陽が燃えている」だったので、尚更この曲のリリースには難色を示したよう。ただ結果的にどうなったかというのはご存知の通り。シングル売上はオリコンだと翌年発売の「BURN」に続く数字、そして複数回行われたファン投票では必ず最上位にランクインしています。今年15年ぶりの復活となったTHE YELLOW MONKEY、おそらくこの曲もセットリストに加えられることでしょう。ファンにとって、そして彼らが出演するフェスを見に行く人にとって間違いなく名場面になりそうですね。

スポンサーサイト

tag : 1996年 ロックバンド THE_YELLOW_MONKEY

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。