FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャンディーズ「微笑がえし」


(※動画は非公式です。予告なく削除される可能性あります)
 2月25日の名曲は1978年からキャンディーズの「微笑がえし」。解散後シングル「つばさ」も発売されていますが、活動期間内における新曲はこの「微笑がえし」が最後になりました。
 解散宣言したのが前年・1977年の夏。「暑中お見舞い申し上げます」リリース直後。その後に発売されたのが「アン・ドゥ・トロワ」「わな」そして「微笑がえし」。”普通の女の子に戻りたい”のフレーズに象徴される鮮烈さは過熱さを呼び、「春一番」は別としてもオリコンの売上はブレイクした「年下の男の子」より上の数字を記録。彼女たちのラストコンサートとなる4月4日・後楽園球場公演に向けて満を持して発売されたこの曲は最初で最後となるオリコン1位を記録。1978年のオリコンチャートはピンク・レディーがミリオンセラーで年間TOP3を独占しましたが、それと「君のひとみは10000ボルト」(堀内孝雄)に次ぐ年間5位のセールス、レコード会社の公称ではミリオンセラーを売り上げた作品となります。
 ”春一番が掃除したてのサッシの窓に…””わなにかかったうさぎみたい…”過去の彼女たちの名曲が散りばめられている歌詞。これを書いたのが彼女たちのシングルA面初担当の阿木燿子というのがまた面白いですね。「ハートのエースが出てこない」に対して2番の歌詞”ハートのエースが出てきましたよ”、「年下の男の子」には”何年たっても年下の人”。ただ入っているだけでなく、キャンディーズという5年間と彼女たちに熱狂したファン・親衛隊の青春の思い出を回想しているような歌詞。”ワンツースリー””イチニサン”と3つ数える数字はラストサビで”アン・ドゥ・トロワ”という読みとなり、”それぞれの道 私達 歩いて行くんですね 歩いて行くんですね”。解散を前向きに表現するとともに、3人へのエール・メッセージが一つ一つの単語に込められています。
 ちなみにこの曲がキャンディーズにとって最後のシングル吹き込みになりますが、同時に唯一楽譜の初見でレコーディングをした楽曲でもあるそうです。つまり一発録り。当時どころか今のアイドルでもまず出来ないことではないでしょうか。バックには超一流のスタジオミュージシャン、その中には先日亡くなられたギタリストの松原正樹氏もおられました。穂口さんの著書によると、デビュー当時はリズムも音程も取れない3人でしたが、出来上がったテイクは既に証明された通り。見事な美しい歌声とハーモニー。むろんスタジオは感動の嵐で埋められたようです。
 アイドルでありながら一流アーティストとして解散していったキャンディーズ。そしてこの曲が発売されてから今日でもう38年。3人とも健在と言いたいところですがスーちゃんこと田中好子は既に2011年、天国に旅立っています。応援していた親衛隊の方々もほぼ50代以上、定年が視野に入るかあるいはもう迎えた方も多くなるでしょうか。時の経つのは早いものです。でも後世から、当時生まれていない私から見てもこれだけの愛に溢れているアイドルと楽曲。ピーク期に解散したからという理由もあるでしょうが、やはり他にないものです。私自身、不思議と3人組女性グループを好きになることが多いのですが、確かにキャンディーズのシングル曲は同時期に活躍した他のアイドルと聴き比べても群を抜いて素晴らしいと感じることが多かったです。コント番組でも、あるいはその後の女優活動を見ても感じてしまう彼女たちの性格の良さ、そして出来上がった楽曲・パフォーマンスの完成度とそれに対する姿勢。同事務所だとキャンディーズの前に双子2人組のザ・ピーナッツがいましたが、その流れもあるでしょうか。事務所でキャンディーズをプロデュースした松崎澄夫は現在アミューズ代表取締役社長。系譜はしっかり受け継がれていますね。またアーティスト自身だけでなく応援スタイルまで、形を変えつつ後世のアイドルに引き継がれているのも大変興味深いです。やはりキャンディーズ、21世紀になった現在から見ても学ぶべき点はものすごく多いのではないでしょうか。
スポンサーサイト

tag : 1978年 女性アイドル 3人組 キャンディーズ

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。