森高千里「気分爽快」


 1月31日の名曲は1994年より、森高千里「気分爽快」。イヤなことがあれば、この曲を聴いてビールで乾杯しましょう。ちなみに歌詞は勿論森高さんですが、作曲は昨年末に48歳という若さで亡くなったL⇔Rの黒沢健一。タイアップはアサヒビール。ですのでキリンやサッポロ、サントリーで乾杯する時は違う曲にしましょう。ちなみに全く関係ありませんが、私はお酒を飲めない上にビールの味も苦手です。
スポンサーサイト

tag : 1994年 女性ソロ 森高千里 CMソング

島谷ひとみ「シャンティ」


 島谷ひとみといえば「亜麻色の髪の乙女」が一番有名ですが、その前の作品であるこのシングルも彼女の活動においては重要な作品になります。1月30日リリースの名曲は2002年より「シャンティ」。TBS系ドラマ『プリティガール』主題歌、初のドラマタイアップかつ初のオリコン週間TOP10入りを果たした楽曲になります。「亜麻色の髪の乙女」リリース直後にオリジナルアルバムも発売されましたが、そのタイトルも『シャンティ』でした。ダンサブルかつキャッチーであるとともにメロディアス、特にサビの英語詞は非常に爽やかで気持ち良く。カバー曲だけでなくオリジナルでも素晴らしい楽曲が多い彼女ですが、その中でもトップクラスの名曲だと思いますね。もっと振り返られて然るべきナンバーではないでしょうか。

tag : 2002年 女性ソロ エイベックス 島谷ひとみ ドラマ主題歌

スピッツ「スカーレット」


 1月29日リリースの名曲はスピッツ「スカーレット」。ケーブルテレビ局を舞台にした、小泉今日子主演のTBS系ドラマ『メロディ』の主題歌でした。ドラマ自体は個人的に毎週楽しみにして見ていましたが、自分の周りで見ていた人はあまりいませんでした。おおまかなストーリーも、1997年・20年前のことでそれ以来見ていないのでほとんど憶えていません。ただこの主題歌と、挿入歌だった玉置浩二「メロディー」が沁みるように心に響いたことは今でも記憶の片隅に残っています。この曲に関してはイントロからラストサビまで、歌詞も含めて完璧に憶えるくらいに繰り返し何度も聴きました。2番でサビに入るかと思いきや間奏に入り、そのままサビ1回だけで終わるというシンプルかつ変化球的な構成が特にツボでしたね。
 この曲辺りで派手なミリオンセラーから遠ざかる形になりましたが、当然ながら楽曲の素晴らしさは大きく変わっていません。今年でデビュー27年目、まだまだ第一線で名曲を生み出しているスピッツ。あらためて若い人にも是非オススメしたいバンドです。

tag : 1997年 ロックバンド スピッツ ドラマ主題歌

モーニング娘。「モーニングコーヒー」


 1月28日といえば、モーニング娘。がメジャーデビューした記念日。1998年、当時のメンバーは中澤裕子・安倍なつみ・石黒彩・飯田圭織・福田明日香の5人。現在もモーニング娘。'17として、メンバーの入れ替えがありつつもアイドルのトップとして君臨していますが、始まりは『ASAYAN』というテレビ東京系列のオーディション番組。アイドル冬の時代は彼女たちのヒットによって終わりを迎えましたが、逆に言うと彼女たちがヒットしていた当時は女性アイドルが売れなかった時代。むしろアイドルっぽくない実力派がステータスで、安室奈美恵やSPEED、MAXといった沖縄アクターズスクールの面々が大ヒットしていた頃。プロデューサーのつんくも、当時はアイドルとしてというよりもアーティスト路線を目指していた形で、この曲はメロディーがハッキリしていてハモリで聴かせるナンバー。「LOVEマシーン」が国民的大ヒットになるまでのモーニング娘。は、意外とアーティスティック路線であったことは特筆すべきところ。そして女性アイドルグループが多く登場している中における昨今のハロプロもまた、アイドルというより実力派・本格的なアーティスト路線の楽曲が目立ちつつあるのも、感慨深いものがあります。
 ちなみにハロープロジェクトの始まりもまた、1998年1月26日・平家みちよとの合同ファンクラブで"Hello!"という名前が使用された瞬間と言って良いでしょうか。今年で活動20年目、「愛の種」を始まりとするならば活動20周年。今後も女性アイドルグループ界のトップとして、永く君臨し続けて欲しいと心から願います。

tag : 1998年 女性アイドル モーニング娘。 デビュー曲

AAA「Heart and Soul」


 AAAも活動期間が10年を超えていますので本当に様々な楽曲がありますが、一番の王道はやはりカッコ良いダンサブルナンバーではないでしょうか。1月27日リリースの名曲「Heart and Soul」はまさにその類で、紅白歌合戦に初出場を果たした2010年1発目のシングル。でも最近の彼らの楽曲はメロディアスに聴かせるナンバーが代表曲になりつつあるので、よく考えると少し懐かしい感じにも聴こえます。メロディーが少し歌謡曲っぽいからそう思うだけなのかもしれませんが…。

tag : 2010年 エイベックス AAA

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR