スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あゆみくりかまき「ジェットクマスター」


 近年実力・知名度・フェスの出演頻度が確実に高まっているあゆみくりかまき。メジャーデビューは2015年ですが、そこまでの道程は決して短くはありませんでした。2012年にくりかまきとしてデビュー、当初はカバー曲中心。もう1人加わって、あゆみくりかまきとして初のオリジナル作品となったのがこの「ジェットクマスター」。2014年7月22日、インディーズのid RECORDSから発売。オリコン最高23位、翌年以降のメジャーレーベル活動に繋がる結果になりました。テンション高まるロックナンバーは、3年経った現在でもライブ・フェスの定番として人気曲になっています。あゆくまの人気はまだまだこれから、更なる躍進をあらためて期待したいです。
スポンサーサイト

tag : 2014年 女性アイドル 3人組 あゆみくりかまき

でんぱ組.inc「キラキラチューン」


 7月18日リリースの名曲は、2012年発表のでんぱ組.inc「キラキラチューン」。でんぱが6人体制になってから2枚目のシングルはミディアムテンポの聴かせる楽曲。オリコンだと前のシングル「でんぱれーどJAPAN」で37位だったのがこの曲で19位。次の年1月の「W.W.D.」で初のTOP10入り、急速に力を伸ばしていたというのがよく分かります。メロディー・歌詞の良さもそうですが、この曲のハイライトは何と言っても間奏。”大人になった今だって…”から始まるファンの口上は、ライブで欠かせないハイライトとなっています。ファン有志から徐々に広まったこのコールは、最終的にアリーナのスクリーンで表示される公認の内容となっています。これも”タイガー!ファイヤー!…”に代表されるヲタ芸の一種ではありますが、公式がこうやってハッキリ取り入れる例は滅多にないのではないでしょうか。

tag : 2012年 女性アイドル でんぱ組.inc

Not yet「波乗りかき氷」


 かつてはノースリーブス、フレンチ・キス、渡り廊下走り隊にDiVAなどAKB48の派生ユニットが多く見られましたが、気がつけば最近めっきり姿を消してしまいました。メンバーの卒業などで自然消滅というのは仕方ないですが、最近はいっこうに新しいユニットも生まれる気配がありません。国内ではNGT48やSTU48、海外ではTPE48やBNK48やMNL48が活動開始しています。おそらく小さいユニットは組む余裕さえもなく、現状作るメリットもあまりないのでしょう。色々大変です。
 さて7月6日リリースの楽曲として今回紹介するのがNot yet「波乗りかき氷」。「週末Not yet」に続く2ndシングルとしてヒットしました。メンバーは大島優子・指原莉乃・北原里英・横山由依。当時は総選挙2位常連の大島と伸び盛りの3人という位置づけのユニット。ゆいはんに至っては研究生から昇格して間もない早い時期での加入でした。既にデビューしていたユニットと比べてもかなりフレッシュな印象があって、CDも他ユニットよりセールスは比較的高かったです。楽曲そのものは豪華なメンバーの割にノーマルな印象はありましたが。この曲もミディアムテンポの、海と水着がよく似合う夏ソングでした。
 なおメンバーを現在の肩書に置き換えると、女優(海外留学予定)・HKT&STU劇場支配人・NGTキャプテン・AKB総監督。なんだかものすごい集まりになってしまいました。ちなみに先日6月30日に新年会を開催した模様。余裕が出来ればCDリリースまではいかなくとも、何かのイベントで復活してくれればファンにとっては嬉しい話ですが、どうでしょうか。

tag : 2011年 Not_yet 女性アイドル

BABYMETAL「ヘドバンギャー!!」


 いまや日本よりも海外での活動がメインと化しているBABYMETAL。3人とも元々はアミューズが擁するアイドル・さくら学院のメンバー。その重音部として結成されたのがBABYMETALなわけですが、当然ながら初期はさくら学院と並行しての活動。配信でそれ以前に数曲出してはいましたが、インディーズのレーベル・重音部RECORDSから最初のCDシングルとして2012年7月4日にリリースされたのが「ヘドバンギャー!!」でした。
 3人とも当時中学生、SU-METALもまだ中学3年生。ですがBABYMETALの音楽の方向性としてはこの曲で早くも完成されています。勿論アルバムが発表されるたびに更にスケールアップしてはいますが、高い演奏力に裏打ちされたメタルバンドサウンドと2人のスクリームとSU-METALの歌声。子どもらしい可愛さも感じられる2人はともかく、SU-METALの歌声の崇高さはもうこの時点でピークを迎えています。そして5年経った今でも、最盛期は終わっていません。ヘドバンヘドバン連発の歌詞は、一歩間違えるとネタ曲になってしまいそうな雰囲気もなくはないですが、サウンドと3人の魅力でものすごくカッコ良い内容に仕上がっています。勿論彼女たちのライブでは定番、今後も永く歌い続ける曲になりそうです。

tag : 2012年 女性アイドル BABYMETAL 3人組

KARA「GO GO サマー!」


 6月29日発売、今回はこれにしましょうか。夏にピッタリの盛り上げソング、KARA「GO GO サマー!」。2011年ですね。もう6年前、当時ブームと呼べるくらいヒットしていたKARAのメンバーも今はそれぞれの道を歩んでいるところです。月日が経つのは早いものです…。

tag : 2011年 女性グループ KARA

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。