氷室京介「STAY」


 6月24日リリースの名曲は氷室京介「STAY」。1996年リリース。自分が広くJ-POPを聴き始めたのがちょうどこの時期、彼のカッコ良さを初めて知ったのがこの曲とPV。そういう意味では思い出深い楽曲です。ですので「ANGEL」「KISS ME」、あるいはBOOWY時代の楽曲を聴き始めたのはこの後。BOOWYに関しては100万枚売ったアルバム『THIS BOOWY』が1998年発売だったので、その時が初聴でした。一世を風靡したバンド、今は数十年単位で長く続く方々や再結成してまたあらためて続ける方も多くなっていますが、ふた昔以上前だとBOOWYやキャロルみたいにバンドが伝説となりソロで長くカッコ良くというパターンの方が目立つ気がします。昨今大活躍中の若手バンドも多くいますが、さて20年後はどうなるでしょうか。
スポンサーサイト

tag : 1996年 男性ソロ 氷室京介

trf「Boy Meets Girl」


 6月22日リリースの名曲はtrf「Boy Meets Girl」。今から23年前、1994年の大ヒット曲。この年はビーイングブームからTKプロデュース全盛期にちょうど切り替わった年ですが、その旗手になったのが篠原涼子とTRFでした。「survival dAnce~no no cry more~」が大ヒットした余韻も冷めやらぬ中でリリース、こちらも国民的レベルの大ヒット。TRFの地位は、この曲で完全に築かれたと言っても過言ではないかもしれません。もっとも、DJ KOOが今のようなキャラクターでバラエティー番組に出るとは当時想像していなかったですが…。

tag : 1994年 TRF エイベックス 紅白歌合戦歌唱曲

B'z「太陽のKomachi Angel」


 6月13日リリースの名曲はB'z「太陽のKomachi Angel」。タイトルが良いですね。いまや定番曲なので違和感ないですが、おそらく新曲としてタイトルを見た時に驚いた人は相当数いたのではないかと思われます。ちなみに当の松本孝弘も、稲葉浩志のネーミングセンスに相当驚愕したという逸話もあったり。”あの娘は太陽のKomachi Angel”、日常会話では絶対に出てこないフレーズ。したがってとんでもなくサビなキャッチー、嫌でも耳に残ります。ロックのイメージが強いB'zですが、この頃の彼らはまだTM NETWORKの影響が色濃く残るビート重視のサウンド。ただ前月のシングル「BE THERE」と比べると、ギターは幾分前に目立ちつつあります。
 当時のヒット曲の宝庫、カメリアダイヤモンドのCMソングに起用されて大ヒット。既に「BE THERE」をヒットさせていた彼らですが、この曲で初めてオリコン週間シングルチャート1位を獲得。「BE THERE」が7位、2月の「LADY-GO-ROUND」が初ランクインで39位なので、かなりのスピードでブレイクしていることが分かります。1990年、今から27年前のことです。この作品以降、シングルアルバム含めて1位を獲得していない作品は実質皆無。彼らほど全ての作品で長く1位を続けているミュージシャンは過去にないとともに、今後も出てこないのではないでしょうか。

tag : 1990年 男性デュオ ビーイング B'z CMソング

槇原敬之「どんなときも。」


 このブログで一日一曲レビューを書き始めて間もなく2年になるのですが、意外とここまで槇原敬之の曲は書く機会なく。「まだ生きてるよ」以来今回が2記事目になります。6月10日、この日は誰しもが知っている名曲「どんなときも。」が発売された日。1991年、もう四半世紀を超えて26年も前のことになります。マッキーといえばこの曲、とも言えるほどトップクラスに有名な楽曲。彼にとってこれが初の大ヒット曲になりました。タイアップは映画『就職戦線異状なし』。当時自分は小学校低学年でしたが、その映画キッカケというよりいつの間にかその年のうちにテレビでも多々流れる大ヒット曲になったという印象があります。当時22歳、その年に紅白歌合戦にも初出場。もっとも本人の意向かレーベルの意向か、次の出場は16年後になりましたが…。突然の大ヒットは一発屋にもなりやすい時代でしたが、彼はその後も「冬がはじまるよ」「もう恋なんてしない」「SPY」などミリオンあるいはそれに近いヒットを連発。この曲をキッカケに、1990年代を代表するシンガーソングライターへの道を歩んでいく形になります…。

tag : 1991年 男性ソロ 槇原敬之 映画主題歌 CMソング 紅白歌合戦歌唱曲

ZYYG, REV, ZARD&WANDS「果てしない夢を」


(※動画は非公式です。予告なく削除される可能性あります)
 巨人が歴史的連敗を続けている中で紹介するのはやや気が引けますが、今回の6月9日発売の名曲は1993年の「果てしない夢を」。ZYYG, REV, ZARD, WANDSといった1993年当時大人気のビーイング・アーティストのコラボレーション。その他大黒摩季をはじめとする方々もコーラスで参加しています。
 日本テレビのプロ野球中継テーマソング。時はJリーグ元年、それと対抗するかのように読売ジャイアンツに長嶋茂雄監督が13年ぶり復帰。というわけで、その長嶋監督が特別にボーカルとして参加しています。監督の歌唱力は…いや、参加して頂けるだけでレジェンドということで。作詞はWANDSの上杉昇とZARDの坂井泉水、作曲はREVの出口雅之。ZARDもREVもソロユニットではありますが。いずれにしても、当時最も隆盛を極めていた時期のビーイングが全勢力を挙げて実現させたプロジェクト。タイトル通り、夢のような企画でありました…。

tag : 1993年 ビーイング コラボレーション

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR