ザ・ハイロウズ「千年メダル」


(※動画は非公式です。予告なく削除される可能性あります)
 ブルーハーツ→ハイロウズ→クロマニヨンズ。甲本ヒロトと真島昌利のタッグも30年近くになります。ここからは多数の名曲・名ステージが生み出されているわけですが、私が一番好きなのは「千年メダル」。1998年4月29日リリース。
 ラブソングというよりプロポーズソングという方が相応しい歌詞は、男性だからこそ共感できる部分が多数。気の利いたプロポーズの言葉を考える時も、それを相手に伝える時も大変照れくさいものですが、その心情が溢れるくらいに楽曲から伝わってきます。歌詞全てが素晴らしいですが、特に”たとえば千年 千年じゃ足りないか”と伝えた後に”ララララ ララララララ…”と歌う部分は究極ではないでしょうか。確かにそう表現するしか仕方のない、数多ある”ラララ”の歌詞の中で一番意味のある”ラララ”ですね。もう19年前ですが、未だに色あせない名曲だと思います。
 ちなみにPVの途中で登場する、CDジャケットにも描かれたロブスターの絵をデザインしたのは松本人志。彼との関係は非常に深く、バラエティ番組での共演もありましたが一番大きいのはやはり2年後、彼が主演したドラマ『伝説の教師』の主題歌を担当したことでしょうか…。

スポンサーサイト

tag : 1998年 ロックバンド ザ・ハイロウズ

THE ALFEE「Victory」


(※動画は非公式です。予告なく削除される可能性あります)
 1993年といえばJリーグ元年。当時はJ1・J2などといった区分けもなく、クラブチームの数も10。5月15日に行われた国立競技場のヴェルディ川崎対横浜マリノスの試合が開幕戦でしたが、先立って4月28日に横浜フリューゲルスのオフィシャルソングとしてリリースされたのがTHE ALFEEの「Victory」。オープニングのイントロのメロディーとギターの音に象徴される、競技場での演奏が実によく合っている楽曲になっています。上の動画は1993年8月21日、千葉マリンスタジアムで行われた野外ライブでの光景。1曲目・オープニングで演奏されています。カッコ良いですね。
 ただ横浜フリューゲルスの歴史は不遇で、マリノスの陰に隠れたまま1999年にマリノスに吸収合併されてしまいます。合併が決まってから一度も負けずに天皇杯を優勝したのは、サッカーファンの間では語り継がれる出来事になっていますが…。ちなみにその後結成された横浜FCのテーマソングもアルフィーが担当しています(「Wings of Freedom」)。

tag : 1993年 3人組 THE_ALFEE

H jungle with t「FRIENDSHIP」


(※動画は非公式です。予告なく削除される可能性あります)
 H jungle with tのシングルリリースは全部で3枚。かの有名な1995年の代表曲「WOW WAR TONIGHT~時には起こせよムーヴメント~」と「GOING GOING HOME」、そして翌年にリリースされた「FRIENDSHIP」。4月24日は3枚目・結果的にラストシングルになった「FRIENDSHIP」の発売日。浜ちゃんが主演したドラマ『竜馬におまかせ!』の主題歌でした。
 ”逢える時がくる””報われることもある”、サビのフレーズが印象に強く残ります。”時代”という言葉を絡めるのが小室さんらしいとも思うわけですが、楽曲は前2曲に負けず劣らず優れています。ただタイアップのドラマは内容・視聴率ともに散々。チャートも同じ週リリースに松田聖子「あなたに逢いたくて~Missing You~」・MY LITTLE LOVER「ALICE」、シャ乱Q「いいわけ」、さらにスピッツ「チェリー」とMr.Children「花-Memento-Mori-」がロングセラー中。CD50万枚以上は売り上げましたが、前の年のインパクトも大きかったせいか、思ったより目立たなかった印象でした。浜ちゃんはその後も奥田民生とのコラボ、『人気者でいこう!』の番組企画、「チキンライス」やきゃりーばみゅばみゅなど色々な形で音楽活動を展開していますが、小室さんとのコラボは今回が最後。あとはTK PRESENTS こねっとの「YOU ARE THE ONE」に参加したのみでした。

tag : 1995年 エイベックス H_jungle_with_t ドラマ主題歌

Chara「やさしい気持ち」


 4月23日、今回は1997年にリリースされたCharaの代表曲「やさしい気持ち」を紹介します。彼女と言えばやはり他では聴けない個性的なボーカルですが、この曲はそれがより活きていました。ティセラのCMソングとしてロングセラー。前の年にYEN TOWN BANDのボーカルとして「Swallowtail Butterfly~あいのうた~」が大ヒットしていたので、その流れもあったのではないかと思われます。オリコンでは最高7位。ただ当時毎週見ていたスペースシャワーTVのオリジナルランキングでは10週くらい1位をキープしていた記憶があります。それこそ飽きるくらいにこの曲のPVは見て、歌詞も完璧に憶えていました。今年でリリース20周年。Charaの代表曲としてだけでなく最近は別のコマーシャルであらためて使われたりするなど、現在まで語り継がれている名曲になっています。

tag : 1997年 女性ソロ Chara CMソング

Bonnie Pink「Heaven's Kitchen」


 BONNIE PINKのヒット曲を一つ選ぶとしたら、おそらく大半が2006年の「A Perfect Sky」を挙げると思います。あるいは映画にも使われた「LOVE IS BUBBLE」になるでしょうか。この年代近辺のイメージが強い人が一般的でしょう。ただ私のBONNIE PINKのイメージは1990年代後半。そもそも表記も大文字ではなく小文字のBonnie Pink。スウェディッシュ・ポップ、赤い色の髪の毛、自然に挿入される英語詞。90's J-POP特有のオシャレな雰囲気がとても心地良く耳に馴染むミュージック。4月18日リリースの名曲は、90's Bonnie Pinkの代表曲「Heaven's Kitchen」。1997年、同名の2ndアルバムの先行シングルとしてリリースされたナンバー。プロデュースは同時期にThe Cardigansを有名にしたスウェーデンのトーレ・ヨハンソン、レコーディングもスウェーデン。また、彼女が初めて作った曲でもあるということで20年近い活動歴の中でも極めて重要性の高い楽曲になっています。儚さ・優しさ・激しさを混在させたような歌声が絶品。多くある1990年代の名曲の中でも、特に後世に残したい一曲です。

tag : 1997年 女性ソロ BONNIE_PINK CMソング

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR