スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反町隆史「POISON~言いたい事も言えないこんな世の中は~」


(※動画は非公式です。予告なく削除される可能性あります)
 7月29日、今回は1998年より反町隆史「POISON~言いたい事も言えないこんな世の中は~」。反町隆史が現在までポイズンとネットで呼称されるのは、言うまでもなくこの曲が原因。CDセールスは前の年の「Forever」の方が高かったのですが、この曲が自身のドラマ主題歌として起用された『GTO』は『ビーチボーイズ』以上の大ヒット。私も毎回楽しみに見ていました。同僚教師役で出演していた松嶋菜々子とは、最終的にドラマ内で結婚に至りますが現実でも夫婦になったのは有名な話。歌は決して上手いとは言えませんが、やっぱりカッコよいですよね。低い声で聴かせるボーカルは、今もそうですが当時から見ても貴重な存在だったような気がします。

 さて2015年7月30日から丸2年間、発売日ごとに名曲をレビューしてきた当ブログですが、今回をもちましてしばらく休載します。現行方式での再開は来年1月以降を予定していますが、それより前に別のアプローチで当ブログの記事更新も考えています。読んで頂いた皆様、TwitterなどSNSで記事を広めてくれた方々には本当の感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。他のブログはまだまだ更新を予定していますので、今後ともそちらの方でよろしくお願いします。
スポンサーサイト

tag : 1998年 男性ソロ 反町隆史 ドラマ主題歌

Hysteric Blue「なぜ…」


(※動画は非公式です。予告なく削除される可能性あります)
 7月28日発売の名曲はHysteric Blue「なぜ…」。「春~spring~」とともに、1999年にヒットしたヒスブルの代表曲になっています。TBS系で放送されていた、堂本光一主演のドラマ『P.S.元気です、俊平』主題歌でした。このドラマは個人的に実際見ていまして、とても良い内容でした。ただ半分くらいはこの主題歌目当てだったかもしれません。それくらいに当時ドハマリしていた楽曲でした。行き違いの恋を描いた歌詞は、ドラマに大変よく合っています。内容そのものも、おそらく似たような経験のある人は共感できたことでしょう。「春~spring~」に続けてこの曲も大ヒットしたことで、間違いなくその後しばらくヒットし続けると当時は思ったものですが…。

(※先日27日発売として書きましたが、正しくは28日発売でした。お詫びして訂正させて頂きますとともに、7月27日発売分の記事もあらためて書きましたのでご参照ください。)

tag : 1999年 3人組 Hysteric_Blue ドラマ主題歌

グループ魂「本田博太郎~magical mystery UPAAAAAAAAA!!!!!~」


(※動画は非公式です。予告なく削除される可能性あります)
 有名人を歌わせるとこのバンドの右に出る者はいません。7月27日発売の名曲は2005年より、グループ魂が演奏する「本田博太郎~magical mystery UPAAAAAAAAA!!!!!~」。内容はサブタイトルが示す如く。俳優・本田博太郎を最大限にリスペクトした楽曲になってます。ニヒルなヤクザから北京原人まで、どの作品でも必ず一定の存在感を示す本田博太郎。本人もノリノリで楽曲に参加しているのが、何よりも面白いです。それでは、名物のコール&レスポンスとともに動画をお楽しみください。

tag : 2005年 ロックバンド グループ魂

CHAGE&ASKA「SAY YES」


 チャゲアスと言えば、1991年と言えば、フジテレビの月9と言えば、トレンディドラマと言えば。1991年の7月24日に発売されたCHAGE&ASKAの「SAY YES」は、大ブームとなった月9ドラマ『101回目のプロポーズ』主題歌。1月~3月に放送された『東京ラブストーリー』の「ラブ・ストーリーは突然に」同様、1991年を象徴する国民的ヒットになりました。
 チャゲアスと小田和正に共通していたのは、実績あるミュージシャンがデビューから10年以上経って最大ヒットを記録していたことでしょうか。もっともそれは単純に曲単体だけでなく、それ以前の数年で徐々に実績を積み上げた結果ドラマタイアップに至り大ヒットしたということも共通しています。チャゲアスの場合、1980年発表の「万里の河」以降売上的に低迷期に入りましたが、1986年に電子音を積極的に取り入れた「モーニング・ムーン」がヒット。それ以降も確実に実績を積み上げ、やがて1989年のアルバム『PRIDE』に繋がります。このアルバムが週間1位を獲得・作品としても高く評価されたことが、1990年代中盤まで続く黄金期の始まり。「SAY YES」はドラマ主題歌としてだけでなく、チャゲアス黄金期の象徴としても後世に語られるナンバーとなっています。シングルとしては初登場以来、13週連続でオリコン1位獲得。以降これだけ長く1位を取り続けたシングルは他にありません。当時小学生低学年の私でも、気がつけばイントロからアウトロまで歌詞も含めて完璧に記憶していました。それだけ世の中に大きく広まった、世代を超えて支持されたヒット曲でした…。

tag : 1991年 CHAGE_and _ASKA 男性デュオ ドラマ主題歌

真心ブラザーズ「サティスファクション」


 7月23日リリースの名曲は1999年より、真心ブラザーズ「サティスファクション」。炎をテーマにしたPVで、燃える男にひたすら追い回される構図に大変なインパクト。学生時代、この曲でサティスファクションという単語の意味を憶えたような…。真心さんの作品はPV・楽曲ともに頭に強く印象に残る楽曲が多いですが、この曲もまさにその一つでした。

tag : 1999年 男性デュオ 真心ブラザーズ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。